2016年09月15日

免疫力アップ まいたけのきんぴら

厳しかった夏の日差しも、秋風とともに和らいできましたね。

今回は秋の食材のひとつであるきのこの「まいたけ」を使ったレシピをご紹介します。


まいたけの栄養・・・

ビタミンD、カリウム、食物繊維など

まいたけやしいたけなどのきのこ類には、免疫力アップ効果のある「βグルカン」という成分が含まれており、コレステロール値の減少や抗がん作用が期待できます。ぜひいろいろなきのこをいただきましょう。

 s-まいたけきんぴら_IMG_3760.jpg


【まいたけのきんぴら】2人分

まいたけ   1パック(200)

にんじん   1/2

白ごま    大さじ2

しょうゆ   大さじ2

みりん    大さじ2

ごま油    少々

青ねぎ    少々


@    まいたけは手でさき、にんじんは千切りにする。

A    フライパンにごま油を熱してにんじんを入れ炒める。

B    しんなりしてきたらまいたけを加えてしょうゆとみりんを回し入れ、水分がとぶように炒める。

C    仕上げに白ごまをいれて出来上がり。器に盛り、青ねぎを散らして出来上がり。


ご飯がすすむ、お弁当にもぴったりのおかずです。ぜひ作ってみてくださいね。



励みになります、応援よろしくお願いしますm(__)m
管理栄養士ブログランキングへ

健康ヘルシー料理ブログランキングへ


posted by くらしいきいき|管理栄養士 at 18:44| Comment(0) | お知らせ

2016年09月06日

簡単 豆乳ごまプリン

実は今が旬の「ごま」。
今回はごまを使ったおやつをご紹介します。


ごまの栄養・・・
食物繊維 カルシウム・鉄分などのミネラル ビタミンB群・Eなど

とくに注目の「ゴマリグナン」
ごまに含まれる抗酸化物質の総称で、セサミン・セサミノール・セサモリンなどがあります。
病気の原因となる酸化を防ぎ、アンチエイジングにも効果的。
ひと粒ひと粒は小さいですが、大きなパワーをもつ「ごま」を積極的に摂りいれましょう。

s-黒ゴマプリン .jpg

【豆乳ごまプリン】4人分
豆乳     400t
ゼラチン   15g
水      20t
練りごま(黒) 40g
きび砂糖   大さじ4

@ゼラチンを分量の水でふやかす
A豆乳を電子レンジで2〜3分程温め、温かいうちにきび砂糖を混ぜる。
B冷めないうちにふやかしたゼラチンを溶かし入れ、よく混ぜる。
CBに練りごまを入れ混ぜ、グラスなどに流し入れる。粗熱が取れたら冷蔵庫で40分程冷やして固まれば出来上がり。

お鍋一つでできるおやつです。ぜひお試しくださいね。
また日常的にごまを摂る際は、粒のままだと消化されにくいため、すりごまや練りごまがおすすめですよ。


励みになります、応援よろしくお願いしますm(__)m
管理栄養士ブログランキングへ
posted by くらしいきいき|管理栄養士 at 14:20| Comment(0) | ヘルシーおやつ

2016年09月01日

1日の元気なスタートのために〜洋食編〜

1日のスタートの朝食、皆さんは召し上がっていますか?

朝食は体にとって1日のはじまりを知らせてくれる、目覚まし時計の役割があります。


●朝食を食べるメリット●

@体温が上がり活動しやすい身体に

A腸の動きが活発になり便秘予防にも

B栄養バランスが整えられる

C噛むことで脳が活性化される


今回は慌ただしい朝でも栄養がしっかり摂れる、おすすめの朝食メニューをご紹介します。

s-洋_IMG_3914.jpg


材料は全て2人分

きなことはちみつのトースト

・ バゲット(全粒粉入りがおすすめ) 4

・ きなこ   大さじ2

・ はちみつ  大さじ3

@きなことはちみつを合わせ、トーストしたバゲットにぬる。

コンソメスープ

    えのき     1/2

    にんじん    1/3

    たまねぎ    1/2

    グリンピース  30

    コンソメ(固形) 1個  

    水       2カップ

    塩、こしょう  少々

@  えのきは根元を切り、さらに半分に切る。にんじんは千切りに、たまねぎは薄くスライスする。

  グリンピースは熱湯でゆで、ざるに上げる。

A   鍋に水、えのき、にんじん、たまねぎを入れ、煮立ったらコンソメを加える。

B Aにグリンピースを加え、塩こしょうで味をととのえる。
※切り方を工夫することで火の通りが早く、短時間で調理できます。

■ミモザサラダ

・ ゆで卵(白身と黄身に分ける) 1個分

・ ベビーリーフ  1

・ ラディッシュ   2

・ お好みのドレッシング

@ 卵の白身はみじん切り、黄身はつぶしおく。

A  ラディッシュは薄切りにする。ベビーリーフ、ラディッシュ、卵の白身、黄身を順に散らす。食べる直前にお好みのドレッシングをかける。



■ミニトマトのマリネ

・ミニトマト(黄・赤) 3個ずつ

・オリーブオイル  大さじ1

・酢          小さじ2

・塩こしょう      少々

@ ミニトマトは半分に切りボウルに入れ、オリーブオイル、酢、塩こしょうと混ぜ合わせる。



一日のスタートは朝食から。
自分の生活に合った朝食スタイルを選んでいきたいですね。
〜和食編〜はこちら。


励みになります、応援よろしくお願いしますm(__)m
管理栄養士ブログランキングへ
posted by くらしいきいき|管理栄養士 at 12:18| Comment(0) | 腸内環境改善