2016年08月31日

暑い日にはさっぱりと そばサラダ

残暑お見舞い申し上げます。
立秋を過ぎても暑い日が続いていますね。夏バテにはなっていませんか?

今回は食欲がない時でもさっぱり食べられる「そば」レシピをご紹介します。
そばの栄養には・・・

食物繊維   コレステロール値を下げる、便秘の解消

ビタミンB1  疲労回復、糖質の代謝を助ける

亜鉛     皮膚や髪の健康、味覚の正常化 などがありますが、

そばに含まれる「ルチン」は、ポリフェノールの一種で強力な抗酸化作用があり、ビタミンCの吸収を手助けたり、動脈硬化にも良いと言われています。水に溶けやすいので、茹でたそば湯を飲むと効率よくとれます。


s-そばサラダ写真.jpg

【そばサラダ】2人分

そば    2人分     

きゅうり  1/2

にんじん  1/3

むきえび  20

ベビーリーフ お好みで

かぼす   1切れ

●たれ    

しょうゆ   大さじ34

酢      大さじ2

砂糖、ごま油 各小さじ1

すりごま   少々


@そばとむきえびは茹でて粗熱をとっておく。

Aきゅり、にんじんは千切りにする。

Bボウルにタレの材料を入れ混ぜ合わせる。

CそばとAを和え器に盛り、ベビーリーフ・むきえび・かぼすを添えて出来上がり。

※そうめんで作るのもおすすめです。


★注目の「韃靼そば(だったんそば)」

有用成分であるルチンが豊富に含まれているため、健康志向の高いそばとして注目されています。韃靼そばに含まれるルチンの量はおよそ80100倍と言われ、その多さから苦味が強く別名「苦そば」とも言われています。


そばを食べる際の薬味「ねぎ」や「わさび」は、そばの吸収を高めるなど、そばがもつ働きを引き出す役割もあります。

今まで避けていた方はぜひ一緒に食べてみてくださいね。



励みになります、応援よろしくお願いしますm(__)m
管理栄養士ブログランキングへ

posted by くらしいきいき|管理栄養士 at 00:00| Comment(0) | 旬のレシピ【夏】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: