2017年09月12日

にんじんの味噌炒め

残暑の中にも、ほのかな秋の気配が感じられる季節となりました。

本日の食材は【にんじん】ですぴかぴか(新しい)



色鮮やかな緑黄色野菜などに多く含まれるβカロテンは、

体内で「ビタミンA」に変換されます。

皮膚やのど、鼻などの粘膜を正常に保つ働きがあり、

風邪予防や口内炎の予防に役立ちますよ。


■にんじんの栄養

βカロテン 9,100㎍  血行を促進する

カリウム 280r  むくみを予防・改善する

食物繊維 2.7g  腸内環境を整える

s-blog9.jpg

カロテンたっぷり
【にんじんの味噌炒め】

材料(2人前)

にんじん.............1

油 .......................小さじ1

味噌.......................大さじ1

............................大さじ1

砂糖.......................小さじ1

生姜.......................1/2片分


............................少々

黒すりごま........少々




作り方


@     にんじんは皮をむき、3等分の長さに切り、太めの千切りにする。生姜は細かく刻む。Aの調味料をボウルに入れよく混ぜておく。


A     熱したフライパンに油を入れ、にんじんを入れて30秒ほど炒め、軽く塩をふる。


B     Aの調味料を加え、良く混ぜてからめる。器に盛り黒すりごまをふる。



にんじんを歯ごたえが残る程度に炒めるのがポイントです。

βカロテンは油に溶けやすい性質の為、油で炒めると効率良く吸収できますよるんるん



■にんじんの選び方

全体的に赤みが濃く鮮やかで表皮がなめらかなものを選びましょう。また、茎の切り口の軸の部分が小さいものの方が芯まで柔らかくておいしいといわれています。



■保存方法

湿気に弱いので新聞紙などで包み、冷蔵庫で保存します。冷凍保存ができますが、スライスや千切りなど調理しやすい形に切ってから冷凍すると使いやすいです。









レストラン病院管理栄養士の食事相談のご案内病院レストラン


 

フコイダン・くらしいきいきの商品をご利用の方は無料でご相談いただけます。

詳しくはこちら ⇒ショップフコイダン 管理栄養士の食事相談サービス



 

励みになります、応援よろしくお願いしますm(__)m
管理栄養士ブログランキングへ


 








posted by くらしいきいき|管理栄養士 at 18:31| Comment(0) | 旬のレシピ【秋】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: