2018年03月16日

ブロッコリーのナッツ和え


陽射しもだんだんと春めいてまいりましたね。


桜の開花が待ち遠しい季節ですかわいい




さて、本日のレシピは


「ブロッコリー」を使ったレシピをご紹介します。




ブロッコリーには「スルフォラファン」と呼ばれる成分が含まれており、


肝機能を改善する作用や、活性酸素を除去する抗酸化作用に優れています。


また花粉症の抑制作用の研究も進められています。




■ブロッコリーの栄養


ビタミンC 120r コラーゲンを生成する


ビタミンK 160㎍ 骨の健康を保つ


葉酸    210㎍ 脳の機能を改善する


 くらしいきいき_ロゴ_マーク.jpg




ナッツの香ばしさが決め手
■ブロッコリーのピーナッツ和え


材料(2人分)


ブロッコリー......... 1/2


ピーナッツ............. 大さじ1


しょうゆ.................小さじ2


砂糖........................大さじ2


作り方

@ブロッコリーは小房に分けて少し固めに茹で、粗熱を取ります。
Aピーナッツは細かく刻んでおきます。
Bボウルにしょうゆと砂糖を混ぜ合わせ、@Aを入れて和えたら出来上がり。

ブロッコリーは茎もやわらかく栄養があるため、残さず使い切ることができます。

皮をむいて色よく火が通る程度に茹でていただきましょう。


■ブロッコリーの選び方

こんもりとつぼみが密集していてかたく締まり、緑色が濃いものを選びましょう。

緑が濃いものは柔らかく甘味があります。


■ブロッコリーの保存方法

日持ちが良くないため早めに使い切るようにします。

かために茹で冷蔵庫なら23日、冷凍庫なら1ヶ月ほど保存可能です。




管理栄養士の食事相談のご案内病院


フコイダン・くらしいきいきの商品をご利用の方は無料でご相談いただけます。

詳しくはこちら ショップフコイダン管理栄養士の食事相談サービス


 
励みになります、応援よろしくお願いしますm(__)m
管理栄養士ブログランキングへ

健康ヘルシー料理ブログランキングへ

posted by くらしいきいき|管理栄養士 at 15:01| Comment(0) | 旬のレシピ【春】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: