2019年04月18日

セロリと桜エビのおにぎり

花の盛りもいつしか過ぎて、行く春を惜しむ季節となりました。
緊張しながら横断歩道を渡る、ぴかぴかのランドセルの一年生、
見ているだけでほほえましいものですね揺れるハート
こいのぼりもチラホラ。お散歩が気持ちのよい季節です。

さて、本日のレシピは「セロリ」を使ったレシピをご紹介します。

セロリの香りの主成分である「アピイン」や「セネリン」には、精神を安定させる効果があるといわれています。

また、頭痛を緩和したり、イライラやストレスを解消する効果が期待できます。


ぜひレシピを参考にしてみてくださいね♪

■セロリの栄養

ビタミンB1 0.03r  疲労を回復させる

βカロテン  44μg  活性酸素の発生を防ぐ

食物繊維   1.5g  腸内環境を整える


IMG_9349.JPG


【セロリと桜エビのおにぎり】

材料(2人分)

ごはん  茶碗23杯分

セロリの葉   

(粗塩) ひとつまみ 

桜えび  大さじ2


作り方

1 セロリは筋を軽く引いて取り、みじん切りにする。

  塩をまぶし軽くもみ込んで5分程おく。水けを絞る。



2 ボウルにごはん、塩もみしたセロリ、桜エビを入れて全体を良く混ぜる。

  好みの形に握ったら出来上がり。



ペンメモペン


捨ててしまいがちなセロリの葉を有効活用できるレシピです。

セロリの爽やかな香りと桜えびのうまみが美味しいおにぎりです。


■セロリの選び方

茎の部分が太くてハリがあり、肉厚なものがおすすめです。

また筋がでこぼこしているほうがより新鮮です。

葉はシャキッとしてツヤがあり、緑色が濃いものがベストです。


■セロリの保存方法

葉が茎の水分や養分を吸い上げてしまうので、購入後は葉と茎の間の節で切り離し、

それぞれ新聞紙で包んでからビニール袋入れ野菜室で保存します。茎は立てて入れておくと長持ちします。


レストラン病院管理栄養士の食事相談のご案内病院レストラン


フコイダン・くらしいきいきの商品をご利用の方は無料でご相談いただけます。

詳しくはこちら ⇒ショップフコイダン 管理栄養士の食事相談サービス

posted by くらしいきいき|管理栄養士 at 14:31| Comment(0) | 旬のレシピ【春】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: