2019年06月19日

梅の酸味でさっぱり!オクラとささ身の梅肉和え

昨日の新潟県で最大震度6強を観測した地震により、
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
今回被害にあわれた方々の1日も早い回復、復興を願います。

---
本日は「オクラ」を使ったさっぱりとしたレシピをご紹介します。

「オクラ」のぬめり成分のひとつである「ペクチン」は整腸作用を促し、
余分なコレステロールを排出する働きがあります。

オクラの栄養(100g中)
βカロテン  670μg   髪や皮膚、視力の健康維持
カルシウム  92mg   ストレスを和らげる
カリウム   260mg     むくみを予防・改善する

オクラ料理_IMG_9534.jpg


材料(2人分)
オクラ(茹でておく)      中5本
ささ身(筋をとっておく)    1本
料理酒             小さじ2
梅肉(チューブでも可)     小さじ1



作り方
1.茹でたオクラは食べやすい大きさに切る
2.ささ身は酒をふりかけ電子レンジで2〜3分程加熱し、粗熱が取れたらほぐす
3.1・2を合わせ、梅肉を和えたら出来上がり。

ペンメモペン
オクラのうぶげが気になる場合は、塩で表面をこすってから水洗いすると
うぶげが取れて食べやすくなります。

オクラの選び方
鮮やかな色の濃い緑色のものを選びましょう。
またうぶげがしっかり残っているものが新鮮なオクラです。

オクラの保存方法
刻んだり切ったりしたものは傷みが早いので、
2〜3日以内に食べきりましょう。

レストラン病院管理栄養士の食事相談のご案内病院レストラン


フコイダン・くらしいきいきの商品をご利用の方は無料でご相談いただけます。

詳しくはこちら ⇒ショップフコイダン 管理栄養士の食事相談サービス






posted by くらしいきいき|管理栄養士 at 11:16| Comment(0) | 旬のレシピ【夏】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: