2019年07月10日

カレイのムニエル

みなさま、こんにちはぴかぴか(新しい)
耳を澄ませば、蝉の声がちらほら聞こえる今日この頃。
暑い暑い夏が本格到来ですね。

本日は、刺身や煮つけなど和食の代表的な食材として人気の
「カレイ」を使ったレシピをご紹介します。

みなさまは「カレイ」と「ヒラメ」の見分け方はご存知でしょうか。
身が平らでよく似ているカレイとヒラメですが、
「左ヒラメの右カレイ」と言葉があるように、
ヒラメは体の左側、カレイは体の右側に目が寄っています。
またカレイは砂の中でえさを待ち構えているので、
目が少し飛び出ているのも特徴です。

カレイの栄養
ビタミンB2  0.35mg 糖質の代謝を助ける
ビタミンD   13.0μg  骨粗しょう症を予防する
ナイアシン  2.5mg  肌や粘膜の健康を保つ

IMG_9948.JPG


材料(2人分)
カレイ切り身        2枚
薄力粉           小さじ1
カレー粉          小さじ1
塩・こしょう         少々
オリーブオイル      小さじ1
(付け合わせ)       お好みで


作り方
1.カレイに塩・こしょうをふり、ペーパーでカレイの水気をふく。
2.薄力粉・カレー粉を合わせ、両面にまぶす。
 フライパンにオリーブオイルを熱し、中火でカレイを色よく焼く。
3.焼けたら器に盛り、付け合わせを添えて出来上がり。

ペンメモペン
カレイは高たんぱく・低脂肪で消化吸収が良い白身魚です。
お子様からご年配の方まで美味しくいただけますよ。

カレイの選び方
肉厚で表面にツヤとハリがあり、腹が白くてしまっているものを選ぶようにしましょう。
切り身の場合は、骨の周りから血がにじんでいないものを選びましょう。

カレイの注目の成分
カレイに含まれる「タウリン」はアミノ酸のひとつで、
肝臓の機能を強化させる働きがあります。
肝臓の大きな働きである代謝を促進し、解毒作用を助けます。



レストラン病院管理栄養士の食事相談のご案内病院レストラン


フコイダン・くらしいきいきの商品をご利用の方は無料でご相談いただけます。

詳しくはこちら ⇒ショップフコイダン 管理栄養士の食事相談サービス

posted by くらしいきいき|管理栄養士 at 11:23| Comment(0) | 食欲低下
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: