2019年02月06日

スピードおかず ミニトマトのたまご炒め

先日は節分でしたね。
豆まきはなさいましたか?
みなさまにもたくさんの「福」が訪れますようにぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

さて本日は9種類の必須アミノ酸やカルシウム、
ミネラルやビタミンを含み「完全栄養食品」と呼ばれる
「たまご」を使ったレシピのご紹介です。

神経伝達物質である「コリン」は脳の記憶や学習に深く関わるため、

近年ではアルツハイマー病の予防効果についても注目されています。



■たまごの栄養

ビタミンB12 0.9㎍ 貧血を予防する

ビタミンD  1.8㎍ 骨や歯を丈夫にする

パントテン酸 1.45r ストレスをやわらげる


IMG_9128.JPG




⦿風味ゆたかで美味しい!

【ミニトマトのたまご炒め】


材料(2人分)

ミニトマト 10個  

たまご 2

にんにく(みじん) 1片分

しょうが(みじん) 1かけ分

塩・こしょう  少々


ごま油   大さじ1


(作り方)

1 ミニトマトはヘタを取り除き半分に切る。

  ボウルにたまごを割りほぐし塩・こしょうを加えて混ぜる。



2 フライパンにごま油を熱し、にんにくとしょうがをさっと炒める。

  香りが立ったらトマトを入れて強火で軽く炒め、溶きたまごを回し入れる。

  木べらで大きくかき混ぜ、半熟状になったら火を止め出来上がり。



たまごには唯一ビタミンCが含まれていないので、

ビタミンCを含む食材と一緒に摂るのがおすすめです。


■たまごの選び方


平飼いされ、無農薬飼料のエサで健康的に育った地元の鶏の卵を選ぶのが理想的です。

また、赤玉・白玉・有精卵・無精卵とも栄養価は同じです。


■たまごの保存方法


パックのまま冷蔵庫の中へ入れて保管します。

とがった方を下にすると栄養成分を長持ちさせることができます。


レストラン病院管理栄養士の食事相談のご案内病院レストラン


フコイダン・くらしいきいきの商品をご利用の方は無料でご相談いただけます。

詳しくはこちら ⇒ショップフコイダン 管理栄養士の食事相談サービス



posted by くらしいきいき|管理栄養士 at 13:18| Comment(0) | 低GI

2016年02月23日

焼き揚げと大根のさっぱり合え

今日も低GIレシピをご紹介します。

大豆製品は比較的低GIです。

さっぱり和え物にはカリッと焼いた油揚げが味がしみて
美味しいですよ。

お酢を使うことでさらに血糖値が上がるのを緩やかにしてくれます。


大根和え物_IMG_3696.jpg
焼き揚げと大根のさっぱり合え 
4人分
大根     1/2本
きゅうり  1本
塩     少々
油揚げ  2枚
みょうが  1個
調味料
きび砂糖   大さじ2
お酢      大さじ3
うすくち醤油 大さじ2
作り方
1大根はいちょう切りに、きゅうりは輪切りにし、軽く塩もみをする。みょうがは細切りにする。
2油揚げは油抜きをしたのち、フライパンで軽く焼き色をつけ、1センチ幅に切っておく。
3大根ときゅうりの水気をよく絞り、油揚げと調味料と合わせ、みょうがを盛って出来上がり。

 
posted by くらしいきいき|管理栄養士 at 12:20| Comment(0) | 低GI

2016年02月18日

低GI しらすのぺペロンチーノ

昨日に引き続き、低GIのパスタレシピをご紹介します。

ご飯に比べパスタはGI値が低い食材です。

血糖値が気になる方は、うどんやラーメンよりも
パスタや蕎麦がおすすめですよ。

今回は、さらに低GIの食材を組み合わせたパスタメニューのご紹介です。

しらすと桜えびの旨みがでているカルシウムたっぷりですよ。


枝豆としらすのペペロンチーノ 2人分

枝豆ペペロン_IMG_3681.jpg


枝豆        100g(冷凍を使うと便利)
しらす干し    20g
さくらえび        10g
パスタ      約200g
おろしにんにく 小さじ1/2
鷹の爪      適量
塩コショウ    適量

作り方
 鍋に湯を沸かし塩をいれ、パスタを茹でる。
  枝豆は解凍し、さやからはずしておきます。

 フライパンにオリーブ油をひき、
  にんにくと鷹の爪を弱火で炒める。
  にんにくの香りが立ってきたら、
  枝豆としらすと桜えびを入れて炒めます。

3 パスタの茹で汁を少量加え、
  塩こしょうで味を整え、
  茹で上がったパスタと絡め、
  お皿に盛り、ミニトマト等(あれば)を盛って出来上がり。

 
posted by くらしいきいき|管理栄養士 at 16:48| Comment(0) | 低GI

2016年02月16日

鮭のごままぶし


今日は、低GIのレシピをご紹介します。

GIとは 「グリセミックインデックス(glycemicいndex) 」の略、
食事をした後の血糖値の上がり度合いのことを言います。

それぞれの食品がどのくらい血糖値をあげるかを『GI値』という数字で表します。

一番最高値はお砂糖の原料であるブドウ糖で、『100』という数字になります。

食材を選ぶ際は低GIの食材をおすすめ。(また後日ご紹介しますね。)

今日は低GIの食材鮭とごまを使ったおかずをご紹介しますよ。


鮭のごままぶし (2人分)
鮭ごま_IMG_3754.jpg
鮭切り身 2切れ
塩     少々
白ごま 黒ごま   各大さじ2
青ネギ  1/2
レタス、トマト   
調味料
みりん 大さじ2
酒  大さじ1
しょうゆ 大さじ2
オリーブオイル 大さじ1

1 鮭の切り身を5センチ幅に切り、塩を軽くふる。
 ネギは小口切りにしておく。白ごまと黒ごまをあわせておきます。
2 鮭の両面にごまをつけ、フライパンで皮目から弱火で焼いていく。
3 皿にレタスを盛り、その上に焼いた鮭をのせ、ネギを盛る。
4 鮭を焼いたフライパンをよくふきとり、調味料をいれ、
軽く煮詰まったら、お皿の上に盛った鮭の上から回しかけ出来上がり。


魚やごまはGI値の低い食材です。

お刺身が余った際にも代用でき、鮭以外の魚でも代用できますよ



posted by くらしいきいき|管理栄養士 at 14:55| Comment(0) | 低GI