2016年09月01日

1日の元気なスタートのために〜洋食編〜

1日のスタートの朝食、皆さんは召し上がっていますか?

朝食は体にとって1日のはじまりを知らせてくれる、目覚まし時計の役割があります。


●朝食を食べるメリット●

@体温が上がり活動しやすい身体に

A腸の動きが活発になり便秘予防にも

B栄養バランスが整えられる

C噛むことで脳が活性化される


今回は慌ただしい朝でも栄養がしっかり摂れる、おすすめの朝食メニューをご紹介します。

s-洋_IMG_3914.jpg


材料は全て2人分

きなことはちみつのトースト

・ バゲット(全粒粉入りがおすすめ) 4

・ きなこ   大さじ2

・ はちみつ  大さじ3

@きなことはちみつを合わせ、トーストしたバゲットにぬる。

コンソメスープ

    えのき     1/2

    にんじん    1/3

    たまねぎ    1/2

    グリンピース  30

    コンソメ(固形) 1個  

    水       2カップ

    塩、こしょう  少々

@  えのきは根元を切り、さらに半分に切る。にんじんは千切りに、たまねぎは薄くスライスする。

  グリンピースは熱湯でゆで、ざるに上げる。

A   鍋に水、えのき、にんじん、たまねぎを入れ、煮立ったらコンソメを加える。

B Aにグリンピースを加え、塩こしょうで味をととのえる。
※切り方を工夫することで火の通りが早く、短時間で調理できます。

■ミモザサラダ

・ ゆで卵(白身と黄身に分ける) 1個分

・ ベビーリーフ  1

・ ラディッシュ   2

・ お好みのドレッシング

@ 卵の白身はみじん切り、黄身はつぶしおく。

A  ラディッシュは薄切りにする。ベビーリーフ、ラディッシュ、卵の白身、黄身を順に散らす。食べる直前にお好みのドレッシングをかける。



■ミニトマトのマリネ

・ミニトマト(黄・赤) 3個ずつ

・オリーブオイル  大さじ1

・酢          小さじ2

・塩こしょう      少々

@ ミニトマトは半分に切りボウルに入れ、オリーブオイル、酢、塩こしょうと混ぜ合わせる。



一日のスタートは朝食から。
自分の生活に合った朝食スタイルを選んでいきたいですね。
〜和食編〜はこちら。


励みになります、応援よろしくお願いしますm(__)m
管理栄養士ブログランキングへ
posted by くらしいきいき|管理栄養士 at 12:18| Comment(0) | 腸内環境改善

2016年04月25日

腸をきれいに たたきごぼうのごま酢和え

s-IMG_4163.jpg

新ごぼうが美味しい季節ですね。

ごぼうが持つ食物繊維は、
腸に適度な刺激を与えて便秘を解消し
腸内環境を整える働きがありますよ。

ごぼうの独特なうま味や香りは皮の部分に多く含まれていますので、
皮付きのまま食べるのがおすすめです。

今回は簡単にできる「たたきごぼう」をご紹介します。

■ たたきごぼうのごま酢和え
ごぼう 1/2本
Aごま酢
 白すりごま 大さじ1
 しょうゆ 小さじ1/2
 きび砂糖 小さじ1/2
 酢    小さじ1
酢(アク抜き用) 適量
@ごぼうはたわしでよく洗い半分の長さに切る。
鍋に水とアク抜き用に少々の酢を入れて火にかけ、10分程茹でる。

A粗熱をとったらすりこ木などでつぶれない程度に軽くたたいて、4〜5p程の長さに切る。

Bボウルにごま酢の材料を混ぜ合わせ、ごぼうと和える。


もしよろしければ、応援よろしくお願いしますm(__)m
管理栄養士ブログランキングへ
posted by くらしいきいき|管理栄養士 at 16:28| Comment(0) | 腸内環境改善

2016年04月06日

1日の元気なスタートのために〜和食編〜

1日のスタートの朝食。 召し上がっていますか?

朝食を抜く方が良いという説もありますが
やはり身体のリズムを整え、
眠っている身体や脳に栄養分を送る働きの朝食は大切です。

今日は、豆腐と玄米をつかったヘルシー朝食プレートのご提案です。

朝からたんぱく質をしっかり摂ると体温もあがり
身体も目覚めやすいですよ。
s-IMG_3886.jpg


野菜の豆腐ディップ玄米プレート

@玄米おにぎり
・ 玄米ごはん 
・ ちりめん
・ 梅干し
・ 青しそ(下に敷く)


A鮭の塩焼き
・鮭(甘塩)2切れ
・塩    少々
酒    小さじ2
1鮭に酒をふり、塩をまぶす。
2水分をふき取り、グリルで焼く。

B野菜の豆腐ディップ
●野菜
・ アスパラ
・ にんじん
・ きゅうり
1野菜はスティック状に切り、アスパラは茹でて冷ましておく。
●豆腐ディップ
絹豆腐  1/2丁
練りごま(白) 大さじ1
オリーブオイル 小さじ1
塩       小さじ1/2

作り方
@豆腐はキッチンペーパー等で水切りをしておく。
A豆腐と練りごま、オリーブオイル、塩をフードプロセッサー(もしくはブレンダー)で
混ぜなめらかにして出来上がり。(冷蔵庫で約4日間保存できます)

C三目煮
・ 大豆水煮    150g
・ 干ししいたけ  2枚
・ こんにゃく   50g
・ 砂糖      大さじ1
・ しょうゆ    大さじ1/2
・ しいたけの戻し汁 300t
1 干ししいたけは水に戻し、戻し汁はとっておく。
2 こんにゃく、干ししいたけは大豆と同じ大きさに切る。こんにゃくは下茹でする。
3 鍋に大豆、しいたけ、こんにゃくを入れる。全体が浸るくらいにしいたけの戻し汁を
加え、砂糖、しょうゆを加えて15分程煮る。

一日のスタートは朝食から。
自分の生活に合った朝食スタイルを選んでいきたいですね。
〜洋食編〜はこちら。


もしよろしければ、応援よろしくお願いしますm(__)m
管理栄養士ブログランキングへ
posted by くらしいきいき|管理栄養士 at 16:37| Comment(0) | 腸内環境改善