2018年03月16日

ブロッコリーのナッツ和え


陽射しもだんだんと春めいてまいりましたね。


桜の開花が待ち遠しい季節ですかわいい




さて、本日のレシピは


「ブロッコリー」を使ったレシピをご紹介します。




ブロッコリーには「スルフォラファン」と呼ばれる成分が含まれており、


肝機能を改善する作用や、活性酸素を除去する抗酸化作用に優れています。


また花粉症の抑制作用の研究も進められています。




■ブロッコリーの栄養


ビタミンC 120r コラーゲンを生成する


ビタミンK 160㎍ 骨の健康を保つ


葉酸    210㎍ 脳の機能を改善する


 くらしいきいき_ロゴ_マーク.jpg




ナッツの香ばしさが決め手
■ブロッコリーのピーナッツ和え


材料(2人分)


ブロッコリー......... 1/2


ピーナッツ............. 大さじ1


しょうゆ.................小さじ2


砂糖........................大さじ2


作り方

@ブロッコリーは小房に分けて少し固めに茹で、粗熱を取ります。
Aピーナッツは細かく刻んでおきます。
Bボウルにしょうゆと砂糖を混ぜ合わせ、@Aを入れて和えたら出来上がり。

ブロッコリーは茎もやわらかく栄養があるため、残さず使い切ることができます。

皮をむいて色よく火が通る程度に茹でていただきましょう。


■ブロッコリーの選び方

こんもりとつぼみが密集していてかたく締まり、緑色が濃いものを選びましょう。

緑が濃いものは柔らかく甘味があります。


■ブロッコリーの保存方法

日持ちが良くないため早めに使い切るようにします。

かために茹で冷蔵庫なら23日、冷凍庫なら1ヶ月ほど保存可能です。




管理栄養士の食事相談のご案内病院


フコイダン・くらしいきいきの商品をご利用の方は無料でご相談いただけます。

詳しくはこちら ショップフコイダン管理栄養士の食事相談サービス


 
励みになります、応援よろしくお願いしますm(__)m
管理栄養士ブログランキングへ

健康ヘルシー料理ブログランキングへ

posted by くらしいきいき|管理栄養士 at 15:01| Comment(0) | 旬のレシピ【春】

2017年03月29日

春キャベツのスープ


本日の食材は【キャベツ】です。

キャベツには特有の成分として「ビタミンU」が含まれおり、

胃腸の粘膜を健康に保つ働きがあります。別名「キャベジン」と呼ばれ、

市販されている胃腸薬にも含まれていることが多い成分です。


■キャベツの栄養(100g中)

カリウム 200r  むくみを予防・改善する

カルシウム 43r ストレスを和らげる

ビタミンC 41r コラーゲンを生成する


kyabetu_sp.jpg
シャキシャキ感を味わって

【春キャベツのスープ】

材料(2人前)

キャベツ......................1/8

にんじん......................1/4

しょうが......................1/2

固形スープの素.......1

.....................................400ml

塩・こしょう............少々



作り方

@     キャベツはせん切りにして水にひたし、ざるに上げる。にんじん、しょうがは皮をむいて細いせん切りにする。

A     鍋に水を入れて火にかけ、煮立ったら@と固形スープの素を加える。再び煮立ったら塩こしょうで味をととのえ器に注ぎ分ける。


春キャベツは柔らかいので、

煮過ぎないようシャキシャキ感を残しておくとより美味しいですよぴかぴか(新しい)


■キャベツの選び方

     春キャベツ 芯の切り口が小さく、巻きがゆるいものを選びましょう。

  葉が鮮やかな緑で全体にハリとツヤがあるものがおすすめです。

     冬キャベツ 巻きがしっかりと詰まっているものがおすすめ。

  持ったときにずしりと重く、かたいものを選びましょう。



■キャベツの保存方法

  キャベツは芯の部分から傷み始めるため、芯の部分をくり抜き、その穴に水を含ませたペーパータオルなどを詰め野菜室で保存しましょう。丸ごと使わない場合は、外の葉からはがして使うと長持ちします。



レストラン病院 管理栄養士の食事相談のご案内 病院レストラン

フコイダン・くらしいきいきの商品をご利用の方は無料でご相談いただけます。



励みになります、応援よろしくお願いしますm(__)m
管理栄養士ブログランキングへ



posted by くらしいきいき|管理栄養士 at 17:55| Comment(0) | 旬のレシピ【春】

2017年03月15日

手作りドリンクA【ミントティー】


季節の変わり目の不調におすすめの、手作りドリンクそのAは
爽やかな清涼感が気分をリフレッシュしてくれる
<ミントティー>です。

ミントには香りだけでなく、

食欲増進や胃や腸のはたらきを整える効果があり、


さらに花粉症などのアレルギー症状を和らげるはたらきもあります。


ミントの葉をそのまま噛むのも有効ですが、

デザートに添えたり、水にミントを入れるだけの

ミント水もおすすめですよぴかぴか(新しい)



mint_tea.jpg

★お湯を注いで蒸らすだけ 

【ミントティー】

材料(2人分)

生のミント(ペパーミントやスペアミントなどお好みで)......一掴み分

お湯............適量


作り方

@ミントをよく洗い、水けを切る。

A@を温めたティーポットに入れ、熱湯を適量注ぐ。35分ほど蒸らす。



■こんなときにおすすめるんるん

心を落ち着かせたいとき、胸やけなどの不調を改善したいとき、集中力を高めたいとき etc






レストラン病院 管理栄養士の食事相談のご案内 病院レストラン

フコイダン・くらしいきいきの商品をご利用の方は無料でご相談いただけます。



励みになります、応援よろしくお願いしますm(__)m
管理栄養士ブログランキングへ

posted by くらしいきいき|管理栄養士 at 17:21| Comment(0) | 旬のレシピ【春】

2016年05月06日

エビとグリーンピースの卵炒め

s-IMG_4136.jpg

今の時期、グリーンピースが美味しい時期ですね。
グリーンピースはお野菜の中でもビタミンB1がトップクラス。

疲労回復や神経修復の役割があります。

今日はエビと卵と組み合わせた炒め物のご紹介です。
色あいも春らしい1品です。

エビとグリーンピースの卵炒め
作り方
エビ    80g
酒     大さじ2
卵     3個
鶏がらスープの素 小さじ2
グリンピース 30g
油     大さじ1

作り方
@エビは酒をまぶしておく。グリンピースは茹でておく。
A卵をよく溶きほぐし、大さじ1の水で溶いた鶏がらスープの素を入れよく混ぜておく。
Bフライパンに油を熱し、エビを炒めたらグリンピースを加えさっと炒める。Aの卵液を流し入れ、大きくかき回しながら半熟になるように炒める。


posted by くらしいきいき|管理栄養士 at 14:27| Comment(0) | 旬のレシピ【春】

2016年04月22日

トマトの新玉サラダ

s-トマト_IMG_4106.jpg

トマトにはリコピンがたっぷり含まれ
抗酸化作用があります。

今美味しい 新玉ねぎとあわせて
さっぱりサラダのレシピです。

ごま油の香りもよく、少量のお塩が
トマトの甘みをひきたててくれますよ。


■ トマトと新たまねぎのサラダ
トマト       中1個
新玉ねぎ      1/2個
貝割れ(飾り用)  1/4パック
塩         小さじ1/2
ごま油       大さじ1
@ トマトは一口大に、新玉ねぎは薄くスライスし冷水にさらして水気を絞る。貝割れは根元を落とし半分に切っておく。
A ボウルにトマト、新玉ねぎ、貝割れを入れ塩・ごま油と和える。
posted by くらしいきいき|管理栄養士 at 13:57| Comment(0) | 旬のレシピ【春】