2017年09月12日

にんじんの味噌炒め

残暑の中にも、ほのかな秋の気配が感じられる季節となりました。

本日の食材は【にんじん】ですぴかぴか(新しい)



色鮮やかな緑黄色野菜などに多く含まれるβカロテンは、

体内で「ビタミンA」に変換されます。

皮膚やのど、鼻などの粘膜を正常に保つ働きがあり、

風邪予防や口内炎の予防に役立ちますよ。


■にんじんの栄養

βカロテン 9,100㎍  血行を促進する

カリウム 280r  むくみを予防・改善する

食物繊維 2.7g  腸内環境を整える

s-blog9.jpg

カロテンたっぷり
【にんじんの味噌炒め】

材料(2人前)

にんじん.............1

油 .......................小さじ1

味噌.......................大さじ1

............................大さじ1

砂糖.......................小さじ1

生姜.......................1/2片分


............................少々

黒すりごま........少々




作り方


@     にんじんは皮をむき、3等分の長さに切り、太めの千切りにする。生姜は細かく刻む。Aの調味料をボウルに入れよく混ぜておく。


A     熱したフライパンに油を入れ、にんじんを入れて30秒ほど炒め、軽く塩をふる。


B     Aの調味料を加え、良く混ぜてからめる。器に盛り黒すりごまをふる。



にんじんを歯ごたえが残る程度に炒めるのがポイントです。

βカロテンは油に溶けやすい性質の為、油で炒めると効率良く吸収できますよるんるん



■にんじんの選び方

全体的に赤みが濃く鮮やかで表皮がなめらかなものを選びましょう。また、茎の切り口の軸の部分が小さいものの方が芯まで柔らかくておいしいといわれています。



■保存方法

湿気に弱いので新聞紙などで包み、冷蔵庫で保存します。冷凍保存ができますが、スライスや千切りなど調理しやすい形に切ってから冷凍すると使いやすいです。









レストラン病院管理栄養士の食事相談のご案内病院レストラン


 

フコイダン・くらしいきいきの商品をご利用の方は無料でご相談いただけます。

詳しくはこちら ⇒ショップフコイダン 管理栄養士の食事相談サービス



 

励みになります、応援よろしくお願いしますm(__)m
管理栄養士ブログランキングへ


 








posted by くらしいきいき|管理栄養士 at 18:31| Comment(0) | 旬のレシピ【秋】

2016年10月26日

新米のお供に 手作りふりかけA

前回に引き続き、今回も新米に合う手作りふりかけのレシピをご紹介します。
s-ちりめんイメージ_IMG_9626.jpg

■カルシウムたっぷり「ちりめんふりかけ」

材料(1回分)

ちりめん   大さじ3

かつお節   1

白ごま    大さじ2

ごま油    小さじ1


1     フライパンにごま油を熱しちりめん、かつお節、白ごまを入れ弱火で23分、

  焦がさないように炒めたら出来上がり。


特別味付けをしなくても、ちりめんやかつお節の塩分だけでおいしくいただけます。

香ばしさにご飯がすすむ手作りふりかけをぜひお試しくださいね。


新米のお供に 手作りふりかけ@ 「ひじきのふりかけ」



励みになります、応援よろしくお願いしますm(__)m
管理栄養士ブログランキングへ

健康ヘルシー料理ブログランキングへ


posted by くらしいきいき|管理栄養士 at 11:41| Comment(0) | 旬のレシピ【秋】

2016年10月20日

新米のお供に 手作りふりかけ@

みなさん今年の新米はもう召し上がりましたか?
今回は新米のお供にぴったりな、ふりかけレシピをご紹介します。
s-ひじきイメージ_IMG_9585.jpg

■しっとりおいしい「ひじきのふりかけ」

材料(1回分)

ひじき         3

白ごま         小さじ1

しょうが(おろし)   小さじ1

みりん         小さじ2

しょうゆ        小さじ2


1         ひじきは水に戻し水気をきっておく。

2         フライパンにひじきとしょうがを入れ炒め、みりん、しょうゆを加えさらに炒める。

3         汁気がなくなったら白ごまを入れて出来上がり。


市販のふりかけは保存料や着色料などの添加物が含まれていることが多く、
できることなら手作りしたい!という方にぴったりです。
ぜひお試しくださいね。

励みになります、応援よろしくお願いしますm(__)m
管理栄養士ブログランキングへ

健康ヘルシー料理ブログランキングへ

posted by くらしいきいき|管理栄養士 at 11:55| Comment(0) | 旬のレシピ【秋】

2016年10月19日

ご飯がすすむ いわしのかば焼き

日増しに秋めいて参りましたね。
食欲の秋やスポーツの秋、読書の秋など・・・
みなさまどんな秋をお過ごしでしょうか。

今回は、煮たり焼いたりと幅広く使える魚「いわし」を使ったレシピをご紹介します。

いわしの栄養には・・・

ビタミンD 10㎍  骨や歯を丈夫にする  

カルシウム 70r  骨や歯をつくる

マグネシウム 34r 丈夫な骨や歯の形成を促進する


注目の「油」

いわしをはじめとした青魚は、DHAやEPAと呼ばれる必須脂肪酸を含み、血流の改善にはたらきかけ、生活習慣病の予防や改善・記憶力の向上効果に優れています。

s-IMG_6401.jpg

【いわしのかば焼き】2人分

いわし        4

小麦粉(片栗粉でも可) 少々

サラダ油       小さじ1

(タレ)    

しょうゆ、みりん、酒  各大さじ1

砂糖         小さじ1


@いわしは頭を落としてわたを除き、手開きにして小麦粉をまぶす。

A温めたフライパンにサラダ油を入れ@を並べる。蓋をして2分程蒸し焼きにし、裏返してさらに1分焼く。

B油をキッチンペーパーでふき、たれの材料を入れててりが出るまで煮詰める。


いわしの選び方のポイント

目が澄んで黒く、全体につやがあるものを選びましょう。体が筒状で太いもの、頭が小さいものほど脂がのっています。また「鰯」の字のとおり鮮度が落ちやすい魚なので、すぐに処理をしてその日のうちに食べましょう。


【いわしのかば焼き】は小麦粉をまぶして焼くことで、タレがからみ味がよくなじみます。

ぜひお試しくださいね。


励みになります、応援よろしくお願いしますm(__)m
管理栄養士ブログランキングへ

健康ヘルシー料理ブログランキングへ

posted by くらしいきいき|管理栄養士 at 17:34| Comment(0) | 旬のレシピ【秋】

2016年09月15日

免疫力アップ まいたけのきんぴら

厳しかった夏の日差しも、秋風とともに和らいできましたね。

今回は秋の食材のひとつであるきのこの「まいたけ」を使ったレシピをご紹介します。


まいたけの栄養・・・

ビタミンD、カリウム、食物繊維など

まいたけやしいたけなどのきのこ類には、免疫力アップ効果のある「βグルカン」という成分が含まれており、コレステロール値の減少や抗がん作用が期待できます。ぜひいろいろなきのこをいただきましょう。

 s-まいたけきんぴら_IMG_3760.jpg


【まいたけのきんぴら】2人分

まいたけ   1パック(200)

にんじん   1/2

白ごま    大さじ2

しょうゆ   大さじ2

みりん    大さじ2

ごま油    少々

青ねぎ    少々


@    まいたけは手でさき、にんじんは千切りにする。

A    フライパンにごま油を熱してにんじんを入れ炒める。

B    しんなりしてきたらまいたけを加えてしょうゆとみりんを回し入れ、水分がとぶように炒める。

C    仕上げに白ごまをいれて出来上がり。器に盛り、青ねぎを散らして出来上がり。


ご飯がすすむ、お弁当にもぴったりのおかずです。ぜひ作ってみてくださいね。



励みになります、応援よろしくお願いしますm(__)m
管理栄養士ブログランキングへ

健康ヘルシー料理ブログランキングへ


posted by くらしいきいき|管理栄養士 at 18:44| Comment(0) | 旬のレシピ【秋】