2019年02月15日

大根おろしの甘酢和え

春の訪れが待ち遠しい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
だんだん暖かくなってくると身体を動かしたくなりますねハートたち(複数ハート)
お散歩しながら、ちいさな春を探してみてはいかがでしょう?


さて、本日のレシピは「大根」を使ったレシピをご紹介します。

大根には消化を助ける「ジアスターゼ」という酵素が豊富に含まれ、

胃の健康を保つ効果があります。


ジアスターゼは熱に弱いので、

大根おろしやサラダなど生で食べたる方が効果的に摂取できます。


■だいこんの栄養

ビタミンC 11.4㎍ 免疫力を高める

カロテン

食物繊維 1.3g 腸内環境を整える

葉酸 33㎍ 貧血を予防する

IMG_9762.JPG


消化酵素がたっぷり!

【大根おろしの甘酢和え】


材料(2人分)

大根(おろし) 1/3本分

しいたけ  2

三つ葉   2

▼A

穀物酢   大さじ1

だし汁   大さじ1

砂糖    小さじ1/2


@ 大根をおろす。

A しいたけは薄くスライスしたら茹で、三つ葉は3p幅くらいに切りさっと茹でておく。

ボウルにAの材料を混ぜ合わせ、@の材料を入れ和える。器に盛り出来上がり。


ペンメモペン 

大根はおろすとビタミンCが減少するため、お酢を加えることで防ぐことができます。


■だいこんの選び方

根はヒゲ根が少なく、ハリとツヤがあり、ずっしりと重みがあるものがおすすめです。葉は色が鮮やかな緑で、みずみずしいものを選びましょう。

■だいこんの保存方法

根と葉は切り分け、丸のままの場合は新聞紙に包み冷暗所で保存しましょう。使いかけのものはラップで包み、冷蔵庫に立てて保存します。


レストラン病院管理栄養士の食事相談のご案内病院レストラン


フコイダン・くらしいきいきの商品をご利用の方は無料でご相談いただけます。

詳しくはこちら ⇒ショップフコイダン 管理栄養士の食事相談サービス





posted by くらしいきいき|管理栄養士 at 14:56| Comment(0) | 旬のレシピ【冬】

2019年01月30日

小松菜とえのきのごま和え

まだまだ寒い日が続いています。
インフルエンザも引き続き大流行中。
みなさまも体調には十分にお気をつけくださいぴかぴか(新しい)

さて本日のレシピは
「小松菜(こまつな)」を使ったレシピをご紹介します。

くせやアクが少ない小松菜は様々な料理に幅広く活用でき栄養も豊富です。

ぜひお試しくださいね。

■小松菜の栄養
カルシウム  170r 骨を強く保つ

カリウム  500r 体の水分のバランスを保つ

鉄  2.8ℊ 貧血を予防する


レシピ写真(小松菜).JPG


【小松菜とえのきのごま和え】

材料(2人分)

小松菜  1(200)

えのき  1(100)

にんじん 50

塩(茹で用) ひとつまみ

しょうゆ 大さじ2

みりん  大さじ2

すりごま 大さじ1


(作り方)

1 小松菜は5p程の幅に、えのきは軸を落とし半分に、にんじんは5p長さの細切りにする。


2 1をさっと茹で、水気を切る。ボウルにしょうゆとみりんを混ぜ合わせ、1・きざみのり・いりごまを入れて和える。器に盛り出来上がり。


のりやごまの香りがひき立つ副菜です。お好きな野菜で作ってみてくださいね。



■小松菜の選び方

葉の緑色が濃く葉先までピンとしており、大ぶりのしっかりした株で、

茎にハリがあるものを選びましょう。

全体的にみずみずしさがあるものを選ぶのがポイントです。

■小松菜の保存方法

しなびてしまうのを防ぐため、湿らせた新聞紙に包み、

立てて冷蔵庫の野菜室で保存します。

冷凍する場合は固めに茹でて水気を絞り、小分けして冷凍しましょう。


レストラン病院管理栄養士の食事相談のご案内病院レストラン


フコイダン・くらしいきいきの商品をご利用の方は無料でご相談いただけます。

詳しくはこちら ⇒ショップフコイダン 管理栄養士の食事相談サービス

posted by くらしいきいき|管理栄養士 at 11:48| Comment(0) | 旬のレシピ【冬】

2019年01月15日

山芋きんとん

皆さま、こんにちは晴れ
2019年の新年、
どのようなスタートをきっていらっしゃいますでしょうか。

全国的に空気が乾燥しており、インフルエンザも流行していますね。

インフルエンザ予防のために手洗い、うがいはもちろんのこと
1時間おきに緑茶を飲むだけでも予防効果が高いようです。

ぜひ、お試しくださいねわーい(嬉しい顔)


さて2019年最初のレシピは
「山芋(やまいも)」を使ったレシピをご紹介します。

山芋には、でんぷん分解酵素である「アミラーゼ」が新陳代謝を活発にし、
疲労回復に働きかける効果があります。

またぬめりのもとである「ムチン」には、
胃の粘膜を保護する、血糖値の上昇を抑えるなどの働きがあります。

■山芋の栄養

カリウム 430mg    老廃物の排出を促す
ビタミンB 10.1mg   糖質の代謝を促す 
パントテン酸 0.61mg  ストレスへの抵抗力を高める


山芋きんとんIMG_5061.jpg

【山芋きんとん】

材料(8個分)
山芋  350g
みりん 大さじ2
砂糖  大さじ2
塩   少々
(飾り)
クコの実 8粒
黒豆   8粒

作り方
@山芋は皮をむいて2センチ厚さの輪切りにし、水にくぐらせ、耐熱ボウルに入れる。
ラップをかけて電子レンジ600W5分程加熱したら、熱いうちにすりこぎなどでつぶす。
A@を鍋に移し、みりん、砂糖、塩少々を加え、弱めの中火にかけてよく練り粗熱をとる。

Bクコの実はさっと洗って、ぬるま湯大さじ23に浸し水気をきる。

CAを8等分に分け、1個ずつラップにのせ、絞って茶巾絞りにする。

Dクコの実と黒豆を飾る。


普段はさつま芋で作ることが多いきんとん。

山芋で作ると手早くできて、上品なやさしい甘さに仕がります。

是非お試しくださいねぴかぴか(新しい)


■山芋の選び方


表面に凸凹や傷がないもの、ずっしりと重みがあるものを選びましょう。

またカットされているものは切り口がみずみずしいもの、

なるべく太いものを選びましょう。


■山芋の保存方法

丸のままの状態のものは乾燥を防ぐため、新聞紙に包み冷暗所での保存がおすすめです。

カットしたものは変色を防ぐため、ラップをして野菜室で保存しましょう。


レストラン病院管理栄養士の食事相談のご案内病院レストラン


フコイダン・くらしいきいきの商品をご利用の方は無料でご相談いただけます。

詳しくはこちら ⇒ショップフコイダン 管理栄養士の食事相談サービス



posted by くらしいきいき|管理栄養士 at 13:59| Comment(0) | 旬のレシピ【冬】

2018年01月15日

ゆず香る紅白なます

皆様どんな新年をお迎えになりましたでしょうか。
2018年も不定期ではございますが、
くらしいきいき株式会社のレシピブログ を 
どうぞよろしくお願いいたしますかわいい

さて2018年最初のレシピは
「柚子(ゆず)」を使ったレシピをご紹介します。

ゆずなどのかんきつ類の皮や筋に多く含まれている「ヘスペリジン」は
ポリフェノールの一種で、抗酸化作用や血管を強くする作用があるため、血
流の改善効果が期待されています。

またアレルギー反応による炎症を抑える作用もあるため、
花粉症の予防効果も期待されています。

■ゆずの栄養

βカロテン 240㎍ 粘膜を丈夫にする

ビタミンC 150r 細菌やウイルスと闘う

カリウム 140r 高血圧を予防する


s-blog12.jpg


爽やかな香りが広がる

【紅白なます】

材料(4人分)

ゆず.......................4

大根........................5p    

にんじん................1/4

...........................ひとつまみ

...........................大さじ1

はちみつ................小さじ2

ゆずのしぼり汁..........大さじ1


作り方


@ 大根と人参は5pの長さに揃えて切り、塩もみをして10分程おいたら水分を絞る。

Aゆずは上から1/3位を横に切り、スプーンで果肉をくり抜いて器をつくる。果肉を絞り、しぼり汁をとっておく。

Bボウルに酢とはちみつと2のゆずのしぼり汁を入れ混ぜ合わせる。

C31を入れて混ぜ合わせ、ゆずの器に詰めたら出来上がり。





皮を器にするとゆずの爽やかな香りが増しますよぴかぴか(新しい)

この香り成分はリモネンといい、リラックス効果にも優れています。ぜひお試しくださいねるんるん


■ゆずの選び方

手に持った際に実に表面が硬くハリがあるものを選びましょう。またヘタの部分を見て切り口が新しく、酸味のある爽やかな香りがしているものを選びましょう。


■ゆずの保存方法

香りを生かすには早目に使い切ることがポイントです。乾燥しないよう丸ごとラップや新聞紙に包み、野菜室で保存しましょう。





レストラン病院管理栄養士の食事相談のご案内病院レストラン


フコイダン・くらしいきいきの商品をご利用の方は無料でご相談いただけます。

詳しくはこちら ⇒ショップフコイダン 管理栄養士の食事相談サービス



 

励みになります、応援よろしくお願いしますm(__)m
管理栄養士ブログランキングへ


 



posted by くらしいきいき|管理栄養士 at 16:25| Comment(0) | 旬のレシピ【冬】

2017年02月07日

梅の酸味がアクセントに ごぼうの梅煮

暦の上ではもう春ですね。
とはいえまだまだ余寒厳しいこの頃。
からだを温める食材をつかって元気に冬を乗り切りましょう!


本日の食材は【ごぼう】です。

ごぼうの皮にはポリフェノールの一種である「クロロゲン酸」や「タンニン」が含まれています。クロロゲン酸やタンニンには、活性酸素によって生成される病気や老化の原因である、過酸化脂質の発生を抑える働きがあるため、老化を防止する効果が期待できますよ。


■ごぼうの栄養

マグネシウム 54r  骨や歯のもとになる

葉酸 68㎍   貧血を予防する

食物繊維 5.7g  腸内環境を整える

gobous-IMG_6355.jpg

【ごぼうの梅煮】2人分

ごぼう................ 150g(約2本)

梅干し()...........1個

しょうゆ............大さじ1

みりん.................大さじ1

砂糖......................大さじ1


作り方

@     ごぼうは皮をむき、56p長さに切ってから4つ割りにする。梅干しは種をとり細かく刻んでおく。

A 鍋に@と水1.5カップ入れ、ごぼうが十分柔らかくなるまで煮る。

B Aを加えて沸騰したら落し蓋をして、弱火で煮汁がなくなるまで煮る。


体を温める効果があるごぼうと、梅干しがもつ整腸作用や殺菌効果が

冬の体調管理にもおすすめです。



■ごぼうの選び方

太さが均一でまっすぐに伸び、ひげ根が少なく、ヒビが入っていないものを選びましょう。また、土付きを選ぶことで新鮮さや風味がより保たれます。

■ごぼうの保存方法

土付きの場合は新聞紙に包んで涼しいところで保存しましょう。冷凍する場合はささがきにしたものを軽く茹で、しっかりと水気を切り保存用袋などに入れておくと長持ちします。




レストラン病院 管理栄養士の食事相談のご案内 病院レストラン

フコイダン・くらしいきいきの商品をご利用の方は無料でご相談いただけます。


励みになります、応援よろしくお願いしますm(__)m
管理栄養士ブログランキングへ


posted by くらしいきいき|管理栄養士 at 16:45| Comment(0) | 旬のレシピ【冬】